「バイオハザード: ザ・ファイナル」すべての謎が明かされる最終章!タレントのローラも登場する最新作!

バイオ最終章のPV をチェック!

「バイオハザード: ザ・ファイナル」ストーリー紹介

null

バイオハザードシリーズもいよいよ今作で最終章を迎えます。前作から実に四年の期間を置いて製作された今作に否が応でも期待が高まりますよね。
これまでゾンビたちと数々の死闘を繰り広げてきたアリスとその仲間たち、それもようやく決着のつく日がやって来たのです。
まず今回はワシントンDCでアリスが目を覚ますところから舞台は幕を開けます。そこで過去にも登場した人工知能「レッド・クイーン」と出会ったアリスは、クイーンの口からアンブレラ社のある陰謀について聞かされます。
はたしてアリスは人類を救うため、その陰謀を阻止する決意をし、再びラクーンシティへと向かうことになります。道中には数々の困難やアンブレラ社の仕向けた罠が待ち受けており、敵も次々に襲いかかってきます。しかし同じくその道中で出会ったクレア・レッドフィールドを始めとした仲間たちと共に敵を倒し、道を切り開いていくのでした。
やがてたどり着いた先には、アリスの驚くべき出生の秘密が待ち受けていたのです。
さて最終章を迎えるにあたってアリスはゾンビを沈静化することができるのか、アンブレラ社との因縁は無事に解決するのか、この世界に平和は訪れるのかなど、様々な疑問が思い浮かびます。
それらすべてが解決する「バイオハザード: ザ・ファイナル」はこの作品単体でももちろん楽しめますが、今までに製作された過去シリーズを追っていくとより深く世界観を味わうことができるでしょう。

魅力的なキャラクターたちが大活躍

今回注目されていたことの一つに、モデル兼タレントとして日本の芸能界で活躍しているローラさんの出演がありました。映画が公開される前から話題になっていましたよね。
そのローラさんの役どころですが、二作目の舞台だったラクーンシティの生き残りの一人コバルトとして登場します。そこで共に生き残った仲間たちとチームを組み、戦いに身を投じてきたというわけです。
テレビではお茶目で天然な印象も強いローラさんですが、映画の中ではクールでかっこいい女戦士を演じています。そんないつもとはまた違ったローラさんを観られるのもこの映画ならではです。
またクールでかっこいいキャラと言えば忘れちゃならないのが、三、四作目でアリスと共に戦ったクレア・レッドフィールドです。
そのクレアが今回もまたアリスと行動を共にし、痛快なアクションを魅せてくれます。
ちなみに今回のクレアは原作ゲームの服装を忠実に再現しているので、ゲームをプレイしたことのある方はぜひクレアの服装にも注目してみてください。
最後は主人公のアリスですが、今回はこれまで以上に派手なアクションシーンが満載です。バイオハザードシリーズのウリの一つにミラ・ジョヴォヴィッチさん演じるアリスのアクションがあります。そのラストを飾るに相応しい痛快アクションと言えるでしょう。
もちろん他のキャラたちもこの三人に負けない魅力を持っています。お馴染みのあのキャラやこのキャラ、さらには今回初めて登場するキャラまでお気に入りの一人を見つけてみてはいかがでしょう。

ついに明かされるシリーズを通しての謎

バイオハザードシリーズは今回で六作目となりますが、シリーズ全編を通して主人公アリスの出生や生い立ちは長く謎とされてきました。その謎が今回でついに明かされるのです。
一体彼女は何者で、何の目的を持って生み出されたのか、そしてなぜゾンビたちと戦うことになったのか、アリス自身も知らなかった出生の秘密がすべて解き明かされたとき、アリスは一体何を思うのでしょうか。
というわけでバイオハザード: ザ・ファイナルではアンブレラ社やゾンビとの決着がつくというだけでなく、アリス出生の秘密が明らかになるという点も見所の一つとなっています。
過去のシリーズではクローンが生み出されたり、T-ウイルスによって超能力に目覚めたり、アンブレラ社に捕まったり監視されたりと散々な目に遭ったアリスでしたが、この謎が解けることによって自ずと意味が分かってくるはずです。
今シリーズをずっと追ってきたファンにとってはこの謎こそが一番知りたかったことではないでしょうか。まさにバイオハザードシリーズの集大成とも言える今作にそんなファンにはもちろんのこと、そうでない方にとっても楽しめるエンターテイメント作品となっています。

知っておくとより楽しめるエピソード

バイオハザードシリーズはいくつかの作品をミラ・ジョヴォヴィッチさんの夫、ポール・W・S・アンダーソン氏が手がけています。
そして「バイオハザード: ザ・ファイナル」も同じくアンダーソン氏が手がけており、さらには実の娘エヴァ・アンダーソンさんも作品内のどこかに登場します。
またローラさんはすべてのアクションに体当たりで挑み、スタントマンなしで女戦士コバルトを演じています。
こうしたことに注目しながら見るのもオススメです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です